「みんなでつくる折り紙壁画」の現在(2017年10月)

本日は、「みんなでつくる折り紙壁画」の2017年10月の様子をご紹介します。

IMG_2767

↑ 2017年10月3日に撮影した様子です。

大きなハートの密度が徐々に高まってきています。

今年2017年の9月は、大型コインランドリーの洗濯機も乾燥機もバランスよく利用されました。
洗濯機と乾燥機両方となると、時間がかかるため、
折り紙を折っていってくださる利用者さんも多かったように思います。

8月は長雨だったので、乾燥機の利用が多かったのですが、
9月は、少しずつ気候が過ごしやすくなり、そろそろ毛布を出すタイミングで、
大型27キロの洗濯機を利用される方も多かったようです。

毛布を何枚か一気に洗って、ふわふわに乾燥させていくことで、
過ごしやすい秋を迎えられます。

みんなでつくる折り紙壁画は、また、次回紹介いたします。
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

「みんなでつくる折り紙壁画」の現在(2017年9月)

本日は、「みんなでつくる折り紙壁画」の2017年9月の様子をご紹介します。

IMG_2641

↑ 2017年9月6日に撮影した様子です。

2017年4月からはじまった折り紙壁画の第2シリーズですが、
ここにきて、だんだん形になってきました。

4月当初は、全くのゼロからのはじまりでしたので、本当に折り紙が貼れれるのかという不安があるのですが、
来店されたお客様が、折り紙壁画の成長を楽しみながら折ってくださるのですね。

先月8月の長雨の影響で、折り紙が思いの外、多く折られたこともあり、折り紙の在庫が切れてしまいました。
いつも購入しているお店にも在庫がなかったりして、お店を渡り歩いて、折り紙を調達しました。

IMG_2642

折り紙壁画を斜めから撮った様子です。
左側にも緑色の折り紙の塊がありますね。
こちらは、チューリップのような植物を模したハートができる予定です。

今月9月は、季節の変わり目ということもあり、これからのシーズンに使う毛布や羽毛布団を持ってこられて洗濯と乾燥を一気に済ましていかれる方が多かったように思います。

寝具がきれいですと、気持ちまですっきりしますものね。
これからの寒い季節を快適に迎えられます。

みんなでつくる折り紙壁画は、また、次回紹介いたします。
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

「みんなでつくる折り紙壁画」の現在(2017年8月)

本日は、「みんなでつくる折り紙壁画」の2017年8月の様子をご紹介します。

IMG_2266

↑ 2017年8月10日に撮影した様子です。

真ん中の大きなハートの輪郭がだんだん浮き上がってきましたね。

今回のピックアップ折り紙は、こちらです↓

IMG_2026 2

エプロンのような、ワンピースのような作品です。
どうやってつくるのでしょうか、なかなか独創性がありますね!

続いて、、、

IMG_2346

↑ 2017年8月28日に撮影した様子です。

8月の上旬と下旬では、やはり少し折り紙の数が着実に多くなってきていますね。

IMG_2347

少し角度をつけて壁の写真を撮ると、真ん中の大きなハートの右側にも小さなハートがあり、
こちらも少しずつ貼られてきていることがわかります。

今年2017年の8月は、東京地方では、観測史上数十年ぶりに20日連続で雨が降りました。
そこで、コインランドリーへ洗濯物の乾燥にいらっしゃるお客様が多かったです。

長雨だったために、コインランドリーを利用される方が多く、壁の折り紙も増えたのでした。

ちなみに、洗濯はお家の洗濯機で済ませて、乾燥はコインランドリーと、賢く利用されているお客様もいらっしゃいました。
乾燥機は、ガスの大風量の温風で乾かすので、乾きが速いのですね。

9月の折り紙壁画はどうなるでしょう、またご紹介いたします。

「みんなでつくる折り紙壁画」の現在(2017年6月から7月まで)

本日は、「みんなでつくる折り紙壁画」の2017年6月から7月までの様子をご紹介します。

IMG_2026

↑ 2017年7月5日に撮影した様子です。

前回から比べると、折り紙の数が着実に増えました。
ただ、まだ何の絵になるのか、わかりにくいと思います。

IMG_2149

↑ 2017年7月27日に撮影した様子です。

それが、7月下旬になると、真ん中の大きなハートの輪郭が徐々にはっきりしてきました。
ここまでにも、相当多くの来店されたお客様が、お子さんと一緒にツルを折ったり、
作品と言えるような手の込んだ折り紙を折って置いていってくださっています。

それを、両面テープで壁に貼っております。
今回の折り紙で、なかなか秀逸な作品がありました。

IMG_2151

ツルの折り紙なのですが、ちょっとじっくり見てみると、尻尾の部分がつながっているのがわかるでしょうか?
これ、1枚の折り紙で、2羽のツルを作っているんです!

お店で発見した時には、その器用さにびっくりしました。
なかなか手が込んでいますね。

壁のどこかに貼ってありますので、ぜひ見に来てくださいね!
大型コインランドリーでつくる折り紙壁画の進捗状況は、また、後日紹介いたします。

「みんなでつくる折り紙壁画」の現在(2017年4月から5月まで)

本日は、「みんなでつくる折り紙壁画」の2017年4月から5月までの様子をご紹介します。

IMG_1571

↑ 2017年5月1日に撮影した様子です。

2017年4月から新作の制作がはじまりました。
壁にエンピツで、大きなハートの下描きが書いてあるのですが、
全くわかりませんね。

来店されたお客様が、コインランドリーの洗濯や乾燥の待ち時間に折り紙を折っていってくださるのですね。
そのクオリティとバラエティが豊富だったところから、
昨年、折り紙壁画をはじめたのでした。
昨年は、虹の折り紙壁画でした。

今年度は、お店がある板橋区の「三園」から着想を得て、3つのハートです。

これから1年間をかけて折り紙が壁に貼られます。
少しずつ成長していく様子をお楽しみください。

2017年度のテーマは「あたたかなコミュニティ」

こんにちは!
2017年度の折り紙壁画のテーマをご紹介します。

板橋区成増・三園のエリアは、住宅地が広がっており、なんだかあったかいんです。
そこで、今年度は、「あたたかなコミュニティ」というテーマで折り紙壁画を作っていきます。

図案は、「三園」という名前に着目しました。
「三園」は、〝三村入り会う宥和の田園〟という意味で名付けられたようです。

そこで、「あたたかなコミュニティ」をあらわすハートと、「三園」の「3」から3つのハートをモチーフに図案を考案しました。

IMG_4932

真ん中に大きなハートと、左側に、チューリップのようなハートと、右側にはハートに羽が生えてのびのびと飛んでいるハートをあしらいました。
チューリップのようなハートは、この地域に根ざしているという意味あいを持たせています。
今回の図案について、お店での下絵を東京藝術大学の竹山美紀さんにも協力いただきました。

IMG_1226

みんなでつくる折り紙壁画ですので、折り紙はお店に置いてあります。
お店にお越しになった方々が折り紙を折ってくださいますので、それを壁に貼っていって、
折り紙壁画を1年くらいかけて作ってまいりたいと思います。

コインランドリーは、無人の店舗ではありますが、折り紙壁画によって、なんだかお客様同士のつながりを感じます。
2017年4月からはじまりました、今年度の折り紙壁画、その進捗状況は、またご紹介します。

2017年の折り紙壁画は、「三園」に注目します

「みんなでつくる折り紙壁画」の、大きな虹と風船が、お店にいらした方々のおかげで完成となりました。

2017年は、新たな壁画に挑戦できたらと思っています。

みんなでつくるので、どんな絵ができるのか、コンセプトが重要だと思います。

そこで、まず、お店がある場所が板橋区三園ですよね。
「三園」の名前の由来って知ってました?

調べてみると、
〝三村入り会う宥和の田園〟の意味を込めて命名されたようです。

現在の板橋区三園は、上赤塚・下赤塚・成増3ヶ村の入会地で、板橋区内で最後まで水田があったところなんだそうです。

昭和38年土地改良事業の完成により上赤塚町・下赤塚町・成増町の各一部をあわせた町域を三園町1~3丁目とした。
その後、昭和44年三園町1~3丁目・上赤塚町・成増町の各一部をあわせた町域を現行の「三園」となりました。

そして、コインランドリーは地域のあたたかさの満ちている場所です。
ということで、あたたかさの象徴のハートと、
「三園」の「3」をモチーフにできたらよいかと考えています。

2017年の図案ができましたら、また書きますね。